VESICA PISCIS MAGAZINE
WEB MAGAZINE ON SHOEGAZE / DREAMPOP, INDEPENDENT CULTURE
NEWS

Rideのアンディ・ベル(Andy Bell)がキャリア初のソロ・アルバム「The View From Halfway Down」をリリース!

デヴィッド・ボウイの死に触発され、ライド復活の直前から着手していた初のソロ作品が遂に完成!

2014年に再結成したシューゲイズ・バンド、ライド (Ride)のギタリスト、元オアシス(Oasis)のベーシストとしても知られるアンディ・ベル(Andy Bell)が自身のキャリア初となるソロ・アルバム「The View From Halfway Down」をリリースする。

マスタリングはJay Som、Alex G、Deerhunter、Slowdiveらの最新作に加え、坂本龍一の2019年リマスター盤『B-2 UNIT』のリマスタリングをも手掛けたエンジニア、Heba Kadryが担当し、Oasis、ビーディ・アイ (Beady Eye)と2つのバンドを共にしたゲム・アーチャー(Gem Archer)もエンジニアとして参加している。

LPは英Sonic Cathedralよりリリースされ、2種類の限定カラー盤でリリース。ブルー・ヴァイナルは通常のショップで購入可能、スプラッタ盤はSonic Cathedral Shopのみで販売との事。
ボーナス・トラックを追加収録した日本国内盤CDは10月7日に先行発売となり、Tugboat Recordsよりリリースされる。

Andy Bell – Love Comes In Waves

The View From Halfway Down

01. Love Comes In Waves
02. Indica
03. Ghost Tones
04. Skywalker
05. Aubrey Drylands Gladwell
06. Cherry Cola
07. I Was Alone
08. Heat Haze On Weyland Road
*国内盤は2曲ボーナス・トラック収録

・発売日:2020年10月07日発売
・価格:¥2,400+tax
・発売元:Tugboat Records Inc.

・解説:荒野政寿
・歌詞/対訳付き


Andy Bell

1990年、ライドのギタリスト/シンガーとしてクリエイション・レコーズからデビュー、シューゲイザー・ムーブメントの一角としてUKロック・シーンを牽引した。
ライド解散後は、ハリケーン#1を結成してアルバム2枚を発表。その後オアシス~ビーディ・アイで活躍。2014年にライドを再結成、バンドでの活動と並行してアンビエント/エレクトロのプロジェクト、GLOKでも作品を発表している。
Check facebook!