VESICA PISCIS MAGAZINE
WEB MAGAZINE ON SHOEGAZE / DREAMPOP, INDEPENDENT CULTURE
NEWS

Fleeting Joysが10年の沈黙を破り新作をリリース!

マイブラの後継者として人気を誇るFleeting Joys(フリーティング・ジョイス)が10年の沈黙を破り新作をリリース!

Myspaceなどで評判を呼び、2006年にリリースしたデビューアルバム「Despondent Transponder」がシューゲイザー・ファンの間で大ヒット、米国のみならずイギリス日本を中心に知名度が急上昇。その後 Portishead のメンバーが立ち上げたレーベル invada records のコンピ『The Secret Garden Volume 1』にThe Fauns、Kyte、Amusement Parks On Fire、Ulrich Schnaussらと共に楽曲が収録され、一躍ネオ・シューゲイザーの新鋭としてU.Kでも注目される存在に。2009年セカンド・アルバム『Occult Radiance』をリリースし、2010年には Chapterhouse、Ulrich Schnauss や The Radio Dept. などとの日本ツアーを成功させる。その後シングルを2曲リリースした後に何の情報も無く2019年7月突如新作『Speeding Away to Someday』を自身の Bandcamp のみで発表。アナログ盤は300枚の限定生産、12月に日本のみでThomason soundsよりCD盤がリリース。

Fleeting Joys – Evil Crop

『Speeding Away to Someday』(スピーディング・アウェイ・トゥ・サムデイ)

tracklist:
1.Lake Placid Blue
2.You Want To
3.Evil Crop
4.Sunburst Animals
5.Don’t You Know the World Could End
6.Come To
7.Love Your Eyes
8.Kiss a Girl In Black
9.Returning and Returning and Returning


Check facebook!