VESICA PISCIS MAGAZINE
WEB MAGAZINE ON SHOEGAZE / DREAMPOP, INDEPENDENT CULTURE
NEWS

北欧フィンランドのSheogazeバンドMumrunnerが待望のファースト・フル・アルバム「Valeriana」をリリース!

世界中から絶賛されたデビュー・ミニアルバムから約5年。北欧フィンランドの男女混合シューゲイズ・バンドMumrunnerが遂に待望のファースト・フル・アルバム「Valeriana」をリリース。

アルバム制作過程で4人のオリジナル・メンバーうち2人がメンバー・チェンジするというアクシデントに見舞われつつ、無事完成まで漕ぎ着けたフル・アルバム「Valeriana」。
過去曲において全面的に押し出されていたパンキッシュさ、荒々しさは控えめになったものの、彼らの特徴でもある流麗で甘く切ないメロディ、きらびやかで透き通る様な男女混成ハーモニー、DIIVやBeach Fossilsを彷彿とさせるメランコリックで印象的なフレーズを奏でるリヴァービーなギター、悲しい位に美しく且つ、サイケで浮遊感溢れるサウンド・プロダクションの部分において顕著な成熟度、洗練具合が見られ、明らかにバンドとして次の段階、フェーズに入った事を否が応でも感じさせる超意欲作になっている。

今作はAirielやShe Sir、Tears Run Ringsなどその筋にはお馴染みの米シューゲイズ勢に加えてPia FrausやPinkshinyultrablastなど北欧・東欧のシューゲイズバンドも多くリリースするアメリカのインディー・レーベル、Shelflife Recordsからもリリースが決定しており、よりドリーミーでメランコリックに、よりセンチメンタルでメロディアスに深化した蒼く衝動的なサウンドは2020年のシューゲイズ/ドリームポップ・シーンを大いに沸かすだろう。また、Rimeout Recordingsよりリリースされる日本盤にはボーナストラック3曲が追加収録されている。

Mumrunner – Foe [Official Visual]

Mumrunner

フィンランド第2の都市、タンペレで結成。2015年8月にデビュー・ミニ・アルバム「Full Blossom」をリリースするや否や、そのドリーミーでメランコリックなシューゲイズ・サウンドと、疾走感とパンク・アティテュード溢れるバンド・サウンドを融合させた独自のスタイルで、本国フィンランドのみならず、日本、そして世界中のシューゲイズ愛好家達の度肝を抜かした。

Valeriana

<トラックリスト>

1. Foe
2. Remember Me
3. Mirage
4. Easy Life
5. Valeriana
6. Haven
7. Woe
8. Transient
9. Passenger (Red Shoe Remix) ※
10. Woe (Soundhill Edit) ※
11. Valeriana (Nostalgia Version) ※

※日本盤のみのボーナストラック

ARTIST:MUMRUNNER
TITLE:VALERIANA
発売元:Rimeout Recordings
発売日2020年6月10日(水)
日本のみのボーナストラック3曲収録(全11曲収録)
CD (RIMO-052)
税込み定価¥2000(税抜き¥1819)


MUMRUNNER – REMEMBER ME
Check facebook!