VESICA PISCIS MAGAZINE
DISCOVER SHOEGAZE,DREAMPOP, POST PUNK,AND INDEPENDENT CULTURE.
NEWS

カナダ、バンクーバーのポストパンク/シューゲイズ・プロジェクトBLOOM 604がデビューシングル「Summer Always Comess」をリリース!

―絶望と孤独の時代を照らす希望の歌。カナダ、バンクーバーのポストパンク/シューゲイズ・プロジェクト BLOOM 604がデビューシングル「Summer Always Comess」をリリース!

ロックダウンの最中である2020年の晩夏から秋にマルチ・インストゥルメンタリストのJack Briscoeは自身のプロジェクトであるBLOOM 604を立ち上げ楽曲制作を開始した。
「Summer Always Comess」は彼が最初に完成させたトラックで、このデモを手に同じくバンクーバーを拠点とするFLØVERPalm Hazeの活動で知られるプロデューサー、ビジュアルアーティストのLucas Inacioに連絡を取ってシングルを完成させた
彼はこのプロセスを2020年の隔離と孤独を形にしたものであり、個人の変革と成長の結果だと語っており、”コンクリートの割れ目から芽吹いた花のように、より高い何かを求めて手を差し伸べる精神”と表現している。

ノイズロック、ポストロック、ポップパンクの影響をブレンドしたBloom 604の音楽は誠実で情熱的であり、全てを飲み込む渦のようである。「Summer Always Comess」はその一部であり、現在取り組んでいるEPで全てが明らかになるだろう。

BLOOM 604

BLOOM 604はマルチ・インストゥルメンタリストのJack Briscoeによるプロジェクト。ノイズロック、ポストロック、ポップパンクの影響を受けたサウンドを特徴としている。また彼はPalm Hazeのドラマーとしても演奏しており、デビューシングル「Summer Always Comess」ではPalm HazeのLucas Inacioがプロデュース、アートワークも手掛けている。

Photo: Lucas Inacio // flover.cc

 

Palm Haze
カナダ、バンクーバーを拠点とするShoegazeユニットPalm Hazeがニューアルバム「Rêve Bleu」を7月3日にリリース!Palm Hazeがニューアルバム「Rêve Bleu」を7月3日にリリース! Palm Hazeはデビューアルバムとなる「Tangy...